ロンドンカジノ情報

ウェストフィールド・ストラッドフォード

アスパーズ・カジノ

ロンドンのカジノ情報

 

カジノは18歳以上でないとプレイできませんのでご了解お願い致します。

 

ロンドンのカジノは通常会員制ですが、最近観光客用にすぐ遊べるカジノが新しく2つ出来ました。
 
*******************************************************
1番目は2012年のロンドンオリンピックの為に作られた上の写真の巨大なショッピングセンター(ウエストフィールドWestfield Stratford city)の3階にあります。
このショッピングモールにはその他、映画館、ボーリング場もあります。
Casinoの名前はASPERS。
英国の最初のスーパーカジノとして紹介されています。
  • 24時間7日間休みなしで営業しています。
  • 70のゲーミングテーブル
  • 150のスロットマシン
  • 150のエレクトリックゲームターミナル
  • 8のスポーツベッティングターミナル
  • スポーツバー
  • 150席のポーカールーム
  • 80席のレストラン
  • 18歳以上からどなたでも入場できます。
  • 21歳以下は写真付きのIDが必要です。
  • 現在お酒は出していません。
  • レストランは11時PMまでです。

このカジノのデビさんに一度インタビューに行きました。

アスパースカジノは英国には3つカジノを運営していてここは4番目になったそうです。

 

オリンピックが始まる時に、ここのショッピングセンターが出来ました。

カジノの出店を募集していたので応募をして見事に出店権を獲得したようです。

 

英国では一番のフロアー面積を持っています。

 

ある日訪れた時に、チャイニーズのオジサンおばさんが10名ぐらい団体出来ていました。

 旧正月で、何やらお月様に関係あるような名前のスペシャル・キャンペーンをしていました。

 

とてもフレンドリーな雰囲気のカジノです。

 

カジノでは以前お酒も出していましたが、一度カジノで飲んだお客さんがショッピングセンター内で不適切な行動をとったということで、2013年ごろはお酒を出すのは禁止になりました。

 

 

ヒッポドローム・カジノ

2番目はレスタースクエアに出来た、Hippodrome Casino(ヒッポドロームカジノ)です。
こちらも、マネージャーのジョンさんに時間を頂いてインタビューさせていただきました。
会員制ではないカジノでは一番面白いカジノだと思います。
1900年に建てられた歴史ある建物です。
元はヒッポドロームシアターでした。
地階に大きなプールがあり、最上階からそこの飛び込むというアトラクションなどもやっていました。
チャップリンもここでショーをやっていたようです。
新しいオーナーが3年前にカジノにしました。
かなり内装が痛んでいたようです、、確かに、、カジノが出来る前は、酔っ払いがこのシアターの前によくいました。
最近は、このあたりも雰囲気がすごくよくなり、ロンドンの観光地として人気の場所になっています。
今のオーナーが相当お金をかけてオリジナルの内装に戻したので、
シアターっぽいデコレーションになっています。
レストランの食事も美味しいし、食事をしながら音楽を聞けたり、
別の場所でやっているショーがちっらっと見えたりしますのでカジノはしなくても、
食事だけでも楽しめる所です。
最近、プールがあった地階を改造して、カジノをしながらダンスショーを楽しめる場所になりました。
1階2階の少し騒がしい雰囲気の嫌いな方には落ち着いてゲームが楽しめと思います。
 
サイズはウエストフィールドより少し小さいですが、
ロケーションはロンドンのウエストエンドでミュージカルシアター、
映画館、レストラン、ナショナル・ギャラリーなどがある最高に便利なところにあります。
  • 24時間7日間営業しています。
  • 1階から3階まであります。
  • 5のバー
  • ポーカー専用フロアー
  • キャバレーシアター
  • レストランとラウンジ
  • カジノだけでなく有名なミュジックバンド、コメディアン、DJなどが来てショウをやっています。
  • 18歳以上からどなたでも入場出来ます。
これらのカジノは会員でなくても自由に入れますので、ぜひ、ロンドンに来られましたらお試しください。
このカジノに一番近いホテルは、

ラディソン ブル エドワーディアン ハンプシャー ホテル (Radisson Blu Edwardian Hampshire Hotel)です。

ロンドンのカジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習をしてみるとよいと思います。雰囲気は味わえませんが、ルールとかを勉強するには良いのではないかと思います。特に、バカラ・ブラックジャック・ポーカーなどのカードゲーム、ルーレットなどディーラーとのやり取りがをしてみたい方にはお勧めです。

カジノ・エンパイア

カジノ アット エンパイア。(Casino at Empire)

こちらは、レスタースクエアにある老舗です。

昼の顔は大したことありませんが夜になるとネオンサインで綺麗になります。

隣は映画館で通常プレミアショーがあります。レッドカーペットが引かれ映画関係者のスター監督などがよくきてます。

 

カジノは、ロンドンでも結構広い床面積を持ちます(55、000Feet)、しかし、隣のここの同じ並びで向かって右側にHippodrom Casinoのほうが大きなカジノで、ロンドンでラスベガスのような体験できます。

 

ここも、24時間7日休みなしです。

18歳以上ならどなたでも入場できます。21歳以下はIDを尋ねられます。

カジノは会員制ではありませんが、プレイヤーリワードロイヤルティープログラムというのがあり登録しますと色々特典が沢山あります。

  • ポーカールーム
  • 3カードポーカー
  • アメリカンルーレット
  • ブラック・ジャック
  • エレクトロニックゲーム&スロット
  • PUNT BANCO(バカラのフランスのゲームのバージョン)
  • PAI GOW TILES(中国の古来からのゲーム)
  • レストランとシアター
  • すごいのは、初心者に体験ゲームをさせてくれること。

など、ロンドン来たらぜひ一度覗いてみたいところです。

 

このカジノに一番近いホテルは、

ラディソン ブル エドワーディアン ハンプシャー ホテル (Radisson Blu Edwardian Hampshire Hotel)です。

又は、シスルトラファルガースクエアホテルです。 

ナポレオンヒル カジノ

ナポレオンヒル カジノはカジノ・エンパイアの右すぐ隣です。

1フロアーだけのこじんまりとしたカジノです。

静かな落ち着いた雰囲気があるので、気分が良いです。

賑やかなカジノならヒッポドロームカジノで静かにゲームをしたい時は、ここが良いかもしれません。

 

スロットは少しだけ有ります。

メインはルーレット、バカラ、ブラックジャックなどのカードゲームです。

 

入り口のカウンターで誕生日を知らせ、顔写真を取ってもらうとすぐ会員になれます。

年中無休です。

 

ゴールデンナゲット カジノ

ゴールデンナゲット カジノ(Golden Nugget Csino)

こちらも、会員でなくてもカジノがプレイできます。

ロンドンの賑やかな地下鉄ピカデリーサーカス駅からすぐの場所です。

近くには、ミュージカルのシアター、チャイナタウン、ソーホーなどがある観光地です。

金、土、日曜日とバンク・ホリデー(休日)は24時間営業しています。

月、火、水、木曜日は午前11時から午前5時まで営業しています。

18歳以上入場出来ます。21歳以下はIDを尋ねられるかもしれません。

カジノへの入場は無料です。

プレイヤー リワード ロイヤルティー プログラム(無料で入会出来ます)というのがあります。会員になると色々特典が得られるわけです。

カジノは、

  • キャシュポーカー(テキサスホールデムポーカー)
  • 3カードポーカー(Bragと呼ばれる英国スタイルのポーカー)
  • アメリカンルーレット
  • ブラック・ジャック
  • Punto Banco(バカラのフランススタイル)
  • Pai Gow Tiles(中国式ゲーム)
  • スロット
  • ビストロレストラン(英国名物フィシュ&チップス、バーガー&チップスもあります。)
  • レトロバー
  • カジノだけでなくレストランも近所のシアターに行く人向けに軽いディナーのパッケジーを出しています。

 Homeに戻る