英国人と日本観光・伊勢神宮と鳥羽

日本でよく行くのは伊勢神宮です。

今年は、20年に一度の式年遷宮ということで毎日すごい賑いの様です。

今回も行きました。私達が行った日は8月27日です。3年前に行った時より駅前が綺麗に整備されて見違えるようになっていました。

しかし、暑かったです。何しろ英国の夏は30度になる日が夏でも1日、2日ですからね。この日は35度ぐらいでカンカン照りでした。

外宮の中も3年前とは変わっていて驚きました。式年遷宮は神様のお屋敷を全て新しく全く同じように作り変えて神様が引っ越しをするわけですが、外宮の入り口を少し入って左のところにあった大きな池のような休憩所が非常に新しくなっていました。驚きました。内宮も行きたいし鳥羽にも行きたかったので、あまり時間をかけずに外宮を参拝して回りました。池の鯉と亀は元気そうにしていました。

 

写真は、伊勢駅、外宮、バスに乗って内宮に行く様子、内宮のバス停の辺り、内宮へ入る入口の新しくなった橋、おかげ横丁、それから、三重交通のバスで鳥羽に行きました。バスは満員でしたが日本のバスはぎゅうぎゅうでも乗車拒否しないので各駅でお客さんが乗ってきました。運転手さんは何も言わないけれどお客さんが「もっと詰めてください」などと叫んでいました。ここが、英国とはかなり違うとこですね。

 

鳥羽では、遊覧船に乗って島めぐりです。遊覧船が止めてあるところを歩いていると必ず船長さんが「どこえいくの?」って話しかけてきます。「船の案内所はどこですか?」と聞いたりすると、「何人?」「6人だったら通常1700円を1500円にしておくよ」と言われます。5年前もそれで、遊覧船貸し切り状態で島めぐりを楽しみました。鳥羽の海は綺麗で最高です。船が出るとカモメが寄ってくるので「かっぱえびせん」などをあげると近くで見ることができます。子供に人気があります。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。