英国人と日本観光・大阪・難波

順番が後になりましたが、韓国経由で大阪空港に着いたのが夜の9時頃でした。滞在場所が名古屋の近くの近鉄電車沿線でしたので、大阪空港から南海電車に乗って難波まで行き、それから近鉄特急で桑名まで行きそこから急行に乗り換えて目的地に行かなければならなかったんですが、近鉄特急の名古屋行きは午後9時頃で終わってしまうのでこの日は難波まで行って1泊して、大阪見学をしてから移動することにしました。

 

近鉄レイルパスを関西空港で購入しましたが、ここのオフィスも午後10時に閉まってしまうので閉店前にこのオフィスに行けるようにするには、アシアナ航空の到着時間は遅すぎです。約午後9時頃到着しますから大急ぎでパスポートコントロールを通過して荷物をピックアップして近鉄レイルパスの販売オフィスの閉店10分ぐらい前に到着しました。もう、本当に焦りました。ここで、レイルパスを購入できなかったら今回の予定が大幅に狂ってしまうので。

なんとか無事に購入出来ましたので、大阪空港から近鉄レイルパスで南海電車に乗って難波近くの予め予約していたすごく安いホテルに向かいました。

 

このホテルは、このサイトにも宣伝を貼ってある、Hotels.Comで予約したものです。

難波の近くで最安値で検索したら出てきました。なんと、1人1泊1,800円。足を伸ばしてベッドの上で寝れれば何でも良いということで予約しました。

この値段なのでどんなホテルかと非常に興味がありました。

この値段は、英国でしたら約25年前のベッドアンドブレックファーストの値段です。

 

さて、夜の10時30頃ようやくホテルに着きました。ホテルは新今宮駅の近くにありました。値段が25年前ぐらいでしたので、ホテルの内容も25年前ッて感じです。掃除が綺麗に行き届いていて好感をもちます。畳部屋で禁煙部屋ですが、昔は、喫煙部屋だったようでタバコの臭いが染み付いていました。歴史を感じますね。8月の夏の日本はやはり暑かったです。クーラーなしでは寝れませんでした。ロンドンでは普通の家にはクーラー着いていませんから。

 

さてこの昭和を感じるホテルで1泊してから、難波に行きコインロッカーにスーツケースを預け、大阪見物をしました。

久しぶりの大阪でしたので新鮮でした。大阪はくいだおれの町。道頓堀界隈は安くて美味しそうなレストランがいっぱいです。特にたこ焼き屋は沢山ありますね。どこがいいのかわかりませんが、アメリカ村の甲賀流たこ焼きを食べました。普段は、築地の銀だこを名古屋の大須でよく食べていたのでそれに比べるとすごく柔らかかったので頼りない気がしましたが美味しかったです。どこのたこ焼き屋も賑わっていました。

 

昼食は、夜は居酒屋、昼は大衆食堂の「たよし支店」で食べました。ランチ定食が約700円でランチの後のソフトドリンク付き。ロンドンの日本食レストランだったら2倍の値段だと思います。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。