ロンドン観光情報

無料で入れるミュージアム

このページではロンドンで無料で入場できる観光スポットのうち、

  • 大英博物館、
  • ナショナルギャラリー、
  • ビクトリア&アルバートミュージアム、
  • セント・マーチンズ・フィールド教会の紹介をします。

次のページは

 Homeにもどる。

大英博物館

1)最も有名な大英博物館

 

  • 開館日:毎日
  • 時間:10時から17時30分、金曜日のみ20時30分まで。
  • 最寄りの地下鉄:トッテナムコートロード駅又はホルボーン駅
  • トッテナムコートロード駅のほうが解りやすいと思います。駅から歩いて5-10分ほど。
  • 1日では見て回れないほど色々なものがあります。
  • ミュージアム内は非常に暖かいので冬の寒い日の観光に向いています。

 ロンドンの観光の定番になっている大英博物館、ここの元中庭が改装されて屋根付きになり広々としたスペースになりました。真ん中には塔のような建物が出来、その最上階にできたカフェでは、アフタヌーンティーも楽しめるようになりました。

詳細はこちらです。http://www.britishmuseum.org/  

 

 

  • 大英博物館へ行くときは、地下鉄のトッテナムコートロード駅で降りるとこのQueen のミュージカルの看板が目印です。最近は、このミュージカルは終了して違うものを上映しています。
  • このシアターを右手に見ながら、少し北に行き、最初の右折出来る道路を右折して、しばらく歩きますとブリティシュミュージアムに着きます。
  • これは、簡単な説明ですので地図で確認をお願い致します。

 

ナショナルギャラリー

2)ナショナル ギャラリー

トラファルガースクエアにある絵画のギャラリーです。

  • 開館日:毎日
  • 開館時間:10時から18時まで。金曜日のみ10時から21時まで。
  • 閉館日:1月1日、12月24-26日。
  • 最寄りの地下鉄駅:チャリングクロスが一番近いです。
  • 絵の好きな方には、毎日通いたくなる宝の山のギャラリーだと思います。ゴッホ、ターナー、ミレー、ピカソ、など超一流の絵画が無料で鑑賞できるのはここだけではないでしょか。1日ではとても見て回れないと思います。

上の写真は、このナショナルギャラリーの正面玄関です。この正面玄関に立って南を見ますと、すぐ前にはトラファルガー広場が見えます。この広場もロンドン観光には欠かせない場所だと思います。

 

広場には大きな噴水がありその周りには多くの人々がくつろいでいます。

また、高い塔が空に向かってそびえたっています。この塔のてっぺんに立っているのがトラファルガーの海戦でフランスを破りイギリスに勝利をもたらしたネルソン提督です。

 

もう少し遠くを見ますと、建物の合間からビックベンという名で有名な、国会議事堂、が見えます。ここもロンドン観光には欠かせないですね。ここには、ナショナルギャラリーから南方面に歩いて行けば10分から20分ぐらいで到着します。

 

この道路、ホワイトホールといいますが、ぶらぶら歩いていきますと、ビックベン、国会議事堂、ウエストミンスター寺院にたどり着きます。

 

詳細はこちらです。http://www.nationalgallery.org.uk/

 

***********************

 

セント・マーチンズ・フィールド教会

ナショナルギャラリーの東側にあるセント マーチンズ フィールドと言う名前の教会です。

 

ここは、教会ですが、夜になるとバッハとかヘンデル、ジャズなどの音楽演奏会をやっています。

 

スタイルは大きなオーケストラではなく4人ぐらいから15人ぐらいの小さなサイズで素敵な音楽を楽しめます。

 

椅子は教会の木造の長椅子なのであまり座り心地はよくありませんが、お値段も安いですし、気楽なので音楽好きの方にはお勧めです。

地下には素敵なカフェがあります。ここのカフェでは、毎日ではありませんが、夜になるとジャズカフェに変わります。ジャズの好きな方にはお勧めです。 

 

ビクトリア&アルバート・ミュージアム

3)ヴィクトリア&アルバートミュージアム

サウスケンジントンにあるアートとデザインのミュージアムです。

  • 開館日:毎日
  • 開館時間:10時から17時45分(16時までのギャラリーもあります。)金曜日のみ22時まで。
  • 閉館日:12月24-26日。
  • 最寄りの地下鉄駅:サウスケンジントン。駅から歩いて北方面に数分です。地下鉄駅から地下道で続いています。

このミュージアムはアンティックのようなかなり古い宝石類、日本の有名な壺、鎧兜、世界中の陶磁器、ファション関係の人には面白いのではないかと思える洋服類、ガラス工芸品、日本の浮世絵、イタリアの町にあった壁、教会のステンドグラス、など宝の山です。

たまにですが、日本の有名なファションデザイナーの展示会なども行われています。

 

詳細はこちらです。http://www.vam.ac.uk/

 

ロンドン観光・入場無料観光スポット2

Homeに戻る